記事一覧

外注出来る日々の業務

男性

雇うよりも低価格

企業は日々様々な業務をこなし、時には社員の業務量があまりに多くなってしまい、日々の主業務に支障が出てしまう事も考えられます。そこで注目されているのが、日々の雑務や業務を外部に外注する事で、社員がよりそれぞれの専門業務に集中出来る様になり、雑務から解放されるメリットがあります。外注や時にはアウトソーシングと言われる事も多いですが、現在の日本には非常に多くのアウトソーシング企業があり、外注出来る業務も多岐にわたります。例えば、会社へかかってくる電話を外部の業者が変わりに対応してくれる電話代行があり、非常に高い人気を集める様になりました。特に一般消費者向けの商品やサービスを展開する企業の場合、商品に関する問い合わせや、通信販売、クレーム対応等電話で対応しなければいけない業務が非常に多くなってしまいます。そこで自社でスタッフを採用し、コンタクトセンターを立ち上げる事も可能ですが、非常に多くのコストがかかり、ノウハウも必要となってくる事でしょう。そこで、電話代行へ一括外注する事で、ノウハウを一から習得する必要がなくなり、最初からプロの電話対応が可能なスタッフがお客様とのコミュニケーションをとってくれます。電話代行は、電話の数や話す内容に応じて料金が異なるため、まずは自社でどの程度の入電数があり、どの程度の電話代行を依頼する予定かを明確にした上で各アウトソーシング業者に見積りを依頼してみましょう。

Copyright© 2018 電話代行のサービスをチェック【導入事例も調べよう】 All Rights Reserved.